成績が伸びず、中学受験前に個別指導塾に切り替えました。

中学受験を控える息子のために個別指導塾を利用することにしました。元々集団で授業を行う形式の塾へ通わせていたのですが、あまり成績が伸びず、個別指導塾へ通わせることにしました。

面倒見のよい個別指導塾

中学受験の時点ではまだ方程式を習わないため、対策として中学受験では方程式を使えば簡単に解ける問題を方程式を用いずに解く大人驚くほど高度な技術、発想力が要求されます。個別指導塾ならばそうした問題に対する対処方法をはじめとした様々な受験におけるテクニックを教えてもらうことができます。

他にも、国語であれば漢字などの基本的なものから長文に対する読解力、考察力が要求されます。一般的に塾は中学受験の問題は教科書や授業のレベルを遥かに超えています。そのため個別指導塾のような習い事で補うことがほぼ必須になっているのが現状です。

また、子どもの力量に合った目標の設定をしてくれますし、子どもが苦手としている点を探しだし克服させてくれるうえ、精神的な面でもサポートしてくれるというのは親としても心強いです。私も最初は不安がありましたが、講師の方がとても力強くサポートしてくれるので安心でした。そして中学受験に成功したという経験は高校、大学受験と将来において大きな自信につながります。